医療法人社団 敬崇会 猪原歯科・食べるリハビリテーション科

ご来院にあたって

摂食嚥下リハビリテーション

食べることは、人生の大きな楽しみの1つです。ところが、脳卒中や神経難病、頭頸部腫瘍、老化などの影響で、食べて飲み込む能力(摂食嚥下機能)が衰え、誤嚥性肺炎を発症し、ある日突然、医師より絶食を言い渡されるという現実が少なくありません。 私たちは、例え胃瘻などの人工栄養を併用したとしても、人生の最期まで口からおいしく食べ続けて頂けるよう、医師・歯科医師・歯科衛生士・言語聴覚士・管理栄養士などのチーム医療で、摂食嚥下リハビリテーションを行っております。 院内には、嚥下造影検査を行うためのエックス線透視装置を設置し、また院内と訪問診療の両方で検査を行うことができる嚥下内視鏡も備えています。言語聴覚士によるリハビリ室、管理栄養士による調理実習室もあり、患者様それぞれの状態に応じたリハビリメニューを提供してまいります。