医療法人社団 敬崇会 猪原歯科・食べるリハビリテーション科

当院について

当院について

猪原歯科・リハビリテーション科は、歯科医療を通じてみなさんの素敵な笑顔、美味しい食事、楽しいおしゃべりをお手伝いしています。 スタッフは、歯科医師6名、医師2名、歯科衛生士9名、歯科技工士2名、言語聴覚士2名、管理栄養士1名、事務職員5名。医院内での診療だけでなく、ご自宅や介護施設、入院先の病院への訪問診療や、訪問リハビリテーションも行っております。

理事長よりごあいさつ

院長・歯科医師 猪原信俊1946年(昭和21年) 12月、まだ戦後の混乱が続いている中、命からがら朝鮮半島から引き上げてきた初代院長の猪原武二は、苦学の後、福山の地に猪原歯科医院を開設しました。以来、当院は70年近くにわたって、歯科医療を通じて地域の皆様に貢献してまいりました。 2014年(平成26年)11月、当院は福山市宝町より多治米町に新築移転し、名称も「猪原歯科・リハビリテーション科」へ変え、医科歯科併設診療所として新たに生まれ変わりました。 人生の大きな楽しみである「食」を人生の最期までサポートしたい…。基本となる歯科治療やメンテナンスはもちろんのこと、多職種が一丸となった地域ぐるみでの「食支援」の拠点となるべく、努力を続けてまいります。

法人概要

開設者 医療法人社団 敬祟会
理事長 猪原 信俊
管理者 歯科医師 猪原 信俊
所在地 広島県福山市多治米町五丁目28番15号
連絡先 084-959-4601
診療科目 歯科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、内科
当院は、下記の施設基準を中国四国厚生局に届け出ております。 当院は、介護保険における下記のみなし指定事業所です。

沿革

1946年 初代院長の猪原武二が、福山市霞町にて開業
1967年 広島県内でいち早くメタルボンドクラウン(陶材焼付鋳造冠、白いセラミックの歯)を導入
1979年 福山市宝町に移転
1994年 医療法人社団 敬崇会に、改組
2006年 猪原信俊が理事長となる
2011年 猪原健、猪原光が常勤医として赴任
2013年 広島県内の歯科医院としては初となる、訪問リハビリテーション(介護保険)を開始
2014年 現在地である多治米町へ移転、医科歯科併設診療所「猪原歯科・リハビリテーション科」へ名称変更

医療法人社団 敬崇会について

<法人情報>
理事長 猪原 信俊
運営する事業 (診療所) 猪原歯科・リハビリテーション科 (歯科技工所) 敬崇会 歯科技工所
所管庁 広島県